神戸のリフォーム・リノベーション(戸建/外壁/屋根/キッチン)なら神戸のリフォーム専門店ゆめやにお任せください。

ゆめやのリフォーム

ゆめやのキッチンリフォーム

01

リフォームの中でもっとも多い物件の一つであるキッチン周りのリフォーム/リノベーション。ゆめやでも、多くのお客様から、キッチンに関するご相談をお受けしております。

ご希望のメーカーのキッチンをお使いになる場合でも、完全オーダーメイドのキッチンをデザインする場合でも、ゆめやのリフォームプランナーが、お客様のご要望に応じたプランをご提案します。

家族の「食」をつかさどる、毎日使う大事な場所だからこそ、使いやすさを第一に考えたいものですね

システムキッチン

現在、各メーカーから、さまざまなタイプの商品がラインナップされています。選択肢は幅広く、お客様のニーズに合わせて、最適なプランが選択できるようになっています。そのため、選択の際に迷われることも多くなると思いますが、ゆめや六甲アイランド店に設置の体感ショールームでは、実際のマンションを想定したレイアウトで実際にキッチンを体験していただけます。
体感ショールームにおいていない商品であってもお取り扱いしておりますので、お気軽にお声をおかけください。

六甲アイランド店

サンウェーブ:リシェル

サンウェーブ:リシェル

ヤマハ:berry(ベリー)

ヤマハ:berry(ベリー)

間取りにあわせてチョイス キッチンレイアウト

リフォームの中でもっとも多い物件の一つであるキッチン周りのリフォーム。
最近は、自分だけのオリジナルキッチンを作られる方も増えています。無駄なスペースをなくし、必要な場所に必用なものを収めることで、作業スペースを広く、すっきりと見せることができます。狭い、暗い、使いづらいなどの悩みを解消するためにお客様のスタイルに合ったレイアウトをご提案いたします。

I型キッチン
type_iimg1シンク・加熱機器・冷蔵庫などを一列に並べたシンプルなレイアウトです。独立型なら背後に食器棚が作れます。調理中の動きも直線的で済みますが、一連のラインが長過ぎると動線が長くなり、作業効率が悪くなってしまいます。コンパクトに作れるのが特徴で、狭い独立型キッチンや、二世帯住宅のサブキッチンにも向いています。
2列型キッチン
type_2img2シンクと加熱機器を2列に分けるレイアウトです。
狭いスペースで作業スペースも収納を多くとることができI型よりも作業動線が短く、動作効率が良いのが特徴です。作業人数にもよりますが、2列の間隔は、広過ぎると逆に使いにくくなります。
比較的狭い独立型キッチンに適しています。

L型キッチン
type_limg3
シンクと加熱機器を直角に配した作業効率の良いレイアウトです。調理スペースも広くとれますが、コーナー部分のカウンター下など収納部分にデッドスペースを作らない工夫が必用です。また、食器棚はどこに置くと使い勝手がいいのか、事前に検討しておきましょう。車イス利用者にも動きやすいキッチンレイアウトといえます。
U型キッチン
type_uimg4
シンク、加熱機器、冷蔵庫をU字型に配置するレイアウトで、調理スペースや収納を多くとることができ、作業効率に優れています。全体では広いスペースが必要ですが、U字の真ん中部分は適度に狭くした方が動線を短縮できます。シンクの前にカウンターを設けてオープンキッチンにするケースもあります。

アイランド型キッチン
type_islandimg5
キッチンセットから一部、またはすべての設備を離して独立させた島(アイランド)をつくるレイアウトです。レンジやサブシンクをアイランドに配置し、カウンターなどの食事スペースをつなげるケースも増えてきています。広いオープンキッチンで大人数で調理できるため、ホームパーティや料理しながらの団らんの機会が多い家庭に適しています。
ペニンシュラ型キッチン
type_peniimg6
L型、2列型、U型の端部が半島(ペニンシュラ)のように突き出した形のレイアウトで、オープンキッチンになります。半島部分は対面式のカウンターテーブルとなり、食事スペースが近くなるので配膳が楽で、調理や片付けを分担しやすいレイアウトです。家事をしながら家族やお客様とコミュニケーションしやすいのも利点です。



contact