神戸のリフォーム・リノベーション(戸建/外壁/屋根/キッチン)なら神戸のリフォーム専門店ゆめやにお任せください。

光が降り注ぎ風が通り抜けるLDK

施工例M022: 神戸市 マンション Y邸

リフォーム画像

DATA
  • 築年数 19年
  • 建築種類 マンションRC造
  • 施工床面積 約74.45平方メートル
  • 工事日数 40日間
  • 工事金額 総額 約500万円(諸経費別途)
工事内容
  • 仮設・解体工事/木工事
  • 内装工事/給排水設備工事
  • 電気照明工事
  • 家具造作工事/内部建具工事等

お客さまのご要望

・和室を壊してLDに取り込みたい。仏間を設けて欲しい。
・パソコンの出来る書斎コーナーを設けて欲しい。
・窓際に冷蔵庫を置くレイアウトになっているが外の熱気で熱くなるので窓際から離したい。
・書斎は、今の様な個室ではなく、リビングの一角に設けたい。

といったご要望をお持ちでした。

 

プラン決定のポイント工夫

和室を撤去してリビングに取り込み、押入れだった部分にリビングの入口を設けることにより、
今までの様にキッチンを通ってリビングに行く必要がなくなりました。また、冷蔵庫の配置を変更し、LDKの中心に。
LDからは見えないよう、壁を造作し、背面にTELコーナーを設けました。

書斎とリビングの間の壁をとり、書斎を開放的にし背面に書類などがたっぷり納まる引戸収納を設けました。

リフォーム画像リフォーム画像


 

3方から光が降り注ぐ明るい
リビング

使い勝手が悪くあまり使っていなかった和室を撤去し、押入れと仏間だった部分をLDへの入口にして、キッチンを通らずリビングに入れるようにしました。
和室を撤去したことにより、以前は光が入りにくく、暗いイメージだったリビングも、3方から光が降り注ぐ明るいリビング&ダイニングになりました。

仏間は、普段は扉の仕舞える軸回し扉とし、ご来客時などは扉を閉めて見えないようにすることが出来ます。
仏間の横にはTELコーナーを設けました。天井部にも間接照明を設け、天井の広がり感を演出しました。

リフォーム画像

家具で間仕切ることで収納と開放感を両立

収納が不足し、床にも物が溢れていましたが、ダイニングとの間を家具で間仕切ることで、収納豊富な、光と風の通る開放的なキッチンにしました。
その際、熱気がこもりやすい窓側に設置されていた冷蔵庫のレイアウトも変更しました。

冷たい感じがするとご不満だったキッチンについては、白とシルバーの、シンプルモダンなシステムキッチンに、温かみのあるタイルをあわせました。

リフォーム画像

洗濯物も干せる、収納たっぷりな広々洗面室

収納は確保されていますが狭い印象でした。
そこで、必要最低限の収納を確保し、トイレ横にあった棚を思い切って撤去することで、廊下も広くなり、広々とした玄関に生まれ変わりました。

リフォーム画像

担当者より

リフォーム前は収納がかなり充実した様子でしたが、お部屋が一つ一つ区切られていた為、各部屋が閉鎖的な印象でした。
一つの空間に配置することでタイトルでもある〝光が降り注ぎ、風が通り抜けるLDK”となりました。

関連記事

  1. 見せると隠す。目線と動線のコントロールで快適に、自分達らしく暮らす。
  2. 「無垢」あたたかい表情のあるくらし
  3. ふたり+ネコたち 楽しいくつろぎ空間
  4. 家だってお色直ししたい
  5. モノトーンで魅せるキッチン
  6. 大好きな料理を楽しみながら子育て暮らしをゆったり快適に
  7. 海景を眺める家
  8. 空間を無駄なく使った壁面収納。少しずつの工夫でぐっと快適に
  9. 好きなものに囲まれて暮らす。フレンチ・シックな二世帯住宅
  10. 自然体で暮らす