神戸のリフォーム・リノベーション(戸建/外壁/屋根/キッチン)なら神戸のリフォーム専門店ゆめやにお任せください。

マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。 日々の暮らしにとけ込む茶室

TDYリモデルスマイル作品コンテスト2012 マンション特別賞

施工例M042: 宝塚市 マンション U邸   107820

 

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】
DATA
  • 築年数 21年
  • 施工床面積 110.81平米
  • 工事日数 40日間

 

工事内容 ― マンション全面リフォーム
  • 仮設・解体工事
  • 間仕切り下地木工事
  • 設備機器工事
  • 内装仕上げ工事
  • サッシ工事
  • 諸経費
工事金額:約900万円

お客さまのご要望

  • 子供たちが独立したので夫婦二人が快適に生活できるようにしたい
  • 後々お茶の教室を開けるよう、正式な茶室をつくりたい。普段は和室として使いたい。
  • 玄関収納がほしい
  • 衣料品などの収納場所を一箇所にまとめたい
  • 趣味(手芸)の作業場所がほしい
  • 老朽化した水廻り設備を取り替えたい

とのご要望をいただきました。

Before(クリックで拡大)

Before(クリックで拡大)

m_ex42_after

After(クリックで拡大)

sen

 

プラン決定のポイント工夫

お稽古に使用し、将来的には教室を開くことを考えておられるとのことで、畳は全て京間畳を使用した四畳半上座床と決め、茶室をプランニング。

和装の際の履物や旦那様のゴルフバッグなどを収納できるスペースとして玄関横にエントランスクロークを設置。洋室2室は通風にも配慮し1室としながらも緩やかに仕切りアトリエをレイアウトし、結露予防にインナーサッシを採用しました。

日々の暮らしの中に自然に茶室を取り込めるように

正式な京間畳の四畳半を右上の柱にあわせて配置し、張りだした柱分のスペースは収納を設けることで、たくさんの茶道具や茶器を収納できる、普段の生活にも便利な収納スペースを実現しました。
水屋の排水のことを考慮しながら水屋の配置場所を決め、茶室までの動線がスムーズになるよう配慮。
普段は和室としても使用でき、日常生活と茶の湯空間が切り離されないよう、茶室のリビング側に大きな開口を設け、日々の暮らしにとけこむ“茶室”を目指しました。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

自然の材料を取り合わせてつくる簡素で静謐な草庵茶室。
土壁や腰壁の和紙、天井の杉板など、自然の材を使って造り上げたいのはやまやまですが、マンションの茶室においては他の部屋とのバランス、材料や工事費などを考えると少し敷居が高くなってしまいます。
大事なのは、簡素でつつましやかな「草庵」の心を忘れないこと。
天井の棹縁の竹や、水屋の簀の子(すのこ)、杉の棚板などには自然の材料を使う一方で、壁は塗り壁ではなくビニールクロス、天井も網代柄のものを採用し、自然の材の代用としています。水屋の床下に設けた炭入れは、使い勝手や安全性を考え、キッチンに利用する床下収納庫を代用しました。
プラン上の腰掛待合は、後々、露地も含めてベランダで実現することに。
住空間としてのリビングの使い勝手を考慮し、茶室への小上りは引き出し収納としました。

 


マンションで実現した
本格的な茶の湯空間

京間畳の四畳半に炉を切った本格仕様の茶室を実現。
網代柄や塗り壁風のクロスなどを自然の材の代用とし、現代の暮らしにとけ込む茶室を目指しました。

もてなしの心を表現する床の間や趣きのある間接照明、茶事を楽しみ、茶道教室にも使用できる本格的な茶の湯空間が誕生しました。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 


床上げして『炉』を切り
小上りは引き出し収納に

床をあげ、お稽古用として用いられる電熱炉を設置。
リビングとの間に小上りを設置し、その下部は引き出し収納としました。

モダンなリビングと『和』の空間をつなぐ「小上り」を設置することで、茶室だけが浮き上がった空間とならないよう配慮しました。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 


レイアウトを一工夫
すっきり片付く収納を配置

張り出した柱分のスペースを活かし、茶道具や茶器がすっきり片付く奥行きの浅い収納を設置。

内壁の下部に張られた白い「腰張(こしばり)」は、本来、土壁に衣服がこすれて汚れたり傷んだりすることを防ぐために、和紙が張られます。
点前座・客座の位置の目印、そして壁面の意匠。席の雰囲気づくりに欠かせない腰張には、自然の材の代用としてクロスを利用しています。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】


施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 

本格的な水屋を設置
スムーズな動線を確保

排水のことを考慮しながら水屋の配置場所を決め、茶室までの動線がスムーズになるようレイアウト。
濃紺の腰張で壁面の意匠に変化をつけています。

水屋は、水作業をする「水谷流し」と道具類を置く「水屋棚」、また流しの手前に設ける床下収納の「炭入れ」などで構成されます。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 

普段は和室として利用できる
日々の暮らしにとけこむ“茶室”

普段は和室としても使用でき、日常生活と茶の湯空間が切り離されないよう、茶室のリビング側に大きな開口を設けました。

間仕切り建具には障子を採用し、リビングに入る日差しを柔らかく茶室に導きます。
和の風情がある組子は茶室側にのみ設けて、リビング側にはシルエットが浮かび上がるようにしました。

炉を切るために床上げした段差は、腰を掛けたり、ごろんと寝転がるにはちょうどよい高さに仕上がりました。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】


施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 

自然の材で統一感を
木目が美しいフローリング

カーペット敷きだったリビングダイニングは、天然木のテイストが活きる幅広タイプのフローリングに。モダンな雰囲気で清潔感あふれるリビングダイニングに生まれ変わりました。

フローリング/朝日ウッドテック ネダレス95ニューフォルテ(オーク)

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 

お手入れしやすい
明るく機能的なキッチン

大きく張り出した柱のあるコーナーには、カウンタータイプの家電収納を採用し、デッドスペースをなくすことで、動線の良いキッチンに。
タイル張りの壁は、お手入れのしやすいキッチンパネルに変更。引き出し収納は、軽く引き出せる『らくパッと収納』で、毎日の家事が快適に。
ワークトップは清潔感あふれる優しい雰囲気の人造大理石、高級感あふれる光沢のあるキッチン扉を採用し、明るく機能的なキッチンになりました。

キッチン/リクシル リシェル(ホワイトレオ)

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 

露地を彷彿とさせる
趣き深いレストルーム

最新の節水型トイレとともに、手水鉢を彷彿とさせる陶器の手洗いボウルを採用。古木風の面材を使いカウンターを造作、リーフ柄のアクセントクロスをコーディネートし、茶室のある住まいにふさわしい、露地(茶室に付随する庭園)風のレストルームとなりました。

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】
クロスのコーディネート

トイレ/TOTO ネオレストAH1
壁紙/リリカラ

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】9

 

間接照明にこだわり
明るく広々と使える玄関に

玄関収納は、ローカウンターと天袋に分かれたセパレートタイプのものを採用。
カウンターの上を飾り棚として利用でき、浮遊感のあるユニットと間接照明の相乗効果でゆったりとした空間を演出します。

天袋には、地震の振動を感知して扉をロックする耐震ロック機能を装備。万一のときも安心です。

玄関収納/パナソニック コンポリア(エクセルダーク)
フローリング/朝日ウッドテック ネダレス95ニューフォルテ(オーク)

施工例アルバム マンションリフォーム【マンションに本格仕様の『茶の湯』空間が誕生。日々の暮らしにとけ込む茶室 ~ 宝塚市U邸】

 


担当者より

小さいころから茶道をたしなまれ、茶の湯空間を望まれた奥様とのお話はとても楽しく、十分なコミュニケーションをとれたこともあってファーストプランから気に入っていただけました。完成後は「思っていたとおりのリフォームができ、感謝しています」というお言葉をいただき、私も大変嬉しく思っています。
流派によって仕様が異なるお茶室づくり、茶室をつくるのは初めてという奥様と茶の湯空間について一緒に勉強しながら作り上げることができた今回のリフォームは、私たちにとってとても思い出深いものとなりました。


関連記事

  1. 見せると隠す。目線と動線のコントロールで快適に、自分達らしく暮らす。
  2. 「無垢」あたたかい表情のあるくらし
  3. ふたり+ネコたち 楽しいくつろぎ空間
  4. 家だってお色直ししたい
  5. モノトーンで魅せるキッチン
  6. 大好きな料理を楽しみながら子育て暮らしをゆったり快適に
  7. 海景を眺める家
  8. 空間を無駄なく使った壁面収納。少しずつの工夫でぐっと快適に
  9. 好きなものに囲まれて暮らす。フレンチ・シックな二世帯住宅
  10. 自然体で暮らす